中小企業者のセーフティーネットとしてこれからも地域とともに

つながる力で、安心と成長を 広島県共済

お電話でのお問い合わせ・ご相談は
広島県共済組合員相談室

フリーダイヤル0120-708030
【受付時間】平日9時~17時(土日祝を除きます)

現在のページは
HOMEHOMEの下層の
広島県共済についての下層の
広島県共済の使命です。

広島県共済について

広島県共済の使命

広島県内の中小商工業者のセーフティーネットとして機能することで、
明るく生き生きと事業に邁進できる環境を創ります。

広島県共済の共済事業の展開イメージ 顔の見える共済 万一の時は迅速で確実なお支払い ニーズに応える共済制度・サービスづくり 地域への貢献

広島県共済の共済事業の展開イメージ
顔の見える共済 万一の時は迅速で確実なお支払い ニーズに応える共済制度・サービスづくり 地域への貢献

当組合は、昭和30年に中国商工共済として創立以来、県内中小商工業者に寄り添い、「万一の際の立ち直り資金を供給することで、中小企業者の経営と発展に貢献する」という理念のもと、共済事業に専念してまいりました。
中小企業者の皆さまへ「万一の備え」や「安心」を提供し、「相互扶助」を基盤とした広島県共済の活動をより多くの皆さまへ伝えていきたい…それが私たちの願いです。

顔の見える共済

「かゆいところに手が届く」のは、
お客さまとの距離が近い広島県共済ならでは。

私たちの共済制度は、商工会議所や商工会、各種組合など県内約250ヶ所の「代理所」を通じて、地域の組合員の皆さまの元へ届けられています。
ご加入の際は、当組合の担当職員もお伺いし、ご説明・ご理解をいただくよう努めています。
当組合とお客さまが所属する関係団体(代理所)が協力してお客さまをお守りします。

万一の時は迅速で確実なお支払い

全ては組合員の「安心」のために…
立ち直り資金を素早く確実にお支払いできる理由。

万一の災害・事故・病気等、被害に遭われた方は大きな不安を抱えていらっしゃいます。
広島県共済では、不安を少しでも取り除けるよう、被害に遭われた方に直接お伺いし、被害状況をこの目で確認することで、迅速で確実な支払を実現しています。
全ては「安心」のために、創業以来変わらない、私たちの姿勢です。

私たちの原点は、県内中小企業者の声で生まれた共済制度・サービスづくり

広島生まれのオリジナルの共済制度。
組合員の声に耳を傾け、ニーズに応えた共済制度・サービスが私たちの宝です。

私たちの制度開発は、代理所や中小企業者の皆さまの現場をまわり、さまざまな要望や意見を伺うことからスタートします。
「こんな制度があれば便利だ」「このサービスをもっと充実させて欲しい」という声を活かした形のないモノづくり。
この努力を積み重ねてきたことが、私どもの共済制度が長く愛され続けてきた秘密です。
組合員の声に支えられた共済制度を自信を持ってお勧めします。

地域への貢献

災害を未然に防ぐための取り組みをはじめ
「万一の時以外」にも地域のためにお役に立つ活動を。

「被害に遭われた組合員の皆さまのために、共済金のお支払以外にも何か力になることは出来ないだろうか?」…私たち広島県共済が長年あたためてきた想い。
2004(平成16)年に起きた台風による大被害発生の後、職員総出で行った県内各地での防波堤の被害調査。
その成果は、広島市西区商工センターの新防波堤建設に、微力ながらお役に立つことができました。

広島赤十字・原爆病院、患者図書室への図書寄贈

広島県共済では、社会貢献活動の一環として、広島赤十字・原爆病院の患者図書室「ほほえみ」に図書の寄贈を行っております。
当組合が寄贈した図書は、「ふくろう文庫」として図書室内に設置されています。
また、小児科には当組合職員が願いを込めた折り紙も…。
入院や通院をされている皆さまにとって、寄贈させていただいた図書が少しでも心の癒しとなり、安らぎにつながることを願って。
今後とも共済事業の推進はもとより、組合員の皆さまの福利厚生事業の充実、社会貢献活動の推進に務めてまいります。


広島市西区商工センター 新防波堤

広島赤十字・原爆病院 患者図書室
「ほほえみ」